Uncategorized

映画けいおんのレビュー

投稿日:

中学3年生になった年の4月から「けいおん!!」の第2シーズンが放送されました。

ただ放送している時間帯が深夜でしたからリビングにあるテレビで見ていると家族にバレてしまうということで、私はお年玉をはたいて録画機能のついているワンセグテレビ機器を購入しました。そしてその端末に毎週の放送を録画していきました。

 

 

家族に隠れてこそこそと録画した「けいおん!!」を見る日々が放送期間中ずっと続きました。

 

自分が中学を卒業する年だったということもあって、彼女たちの物語が自分の状況にリンクしてすごく感動しました。特に第2クールの文化祭編、ラストの卒業式は家族に心配されるくらい号泣しました。

その間も関連CDはキャラソン・サントラ全部はさすがに中学生のお小遣いでは手が出せませんでしたが、OP・EDと劇中歌、そして好きだった中野梓というキャラクターのキャラソンCDだけは全て購入しました。

 

当然徐々に増えていくCDですが、何とか物置の奥深くに隠し、秘密にしていました。

 

 

男子学生が両親に隠すものと言えば、エロ本が相場なのかもしれませんが、私にとっては「けいおん!」のCDがそうでした。

ばれていたのかどうかは定かではありませんが、私は親にばれていないと思っていました。ただそんなある日事件が起こることになります。

 

 

 

「けいおん!!」ローソンキャンペーン

当時の「けいおん!!」をご存知の方なら、このキャンペーンがどんなに熾烈な戦いだったかはご存知かと思います。

 

 

 

深夜の日付が変わった瞬間の段階で、棚から関連商品と特典のクリアファイルが消えたと言います。

私ももちろんクリアファイルが欲しかったです。全キャラクターとは言いませんが、せめて自分が大好きな中野梓というキャラクターのクリアファイルだけは確保したかったのです。

 

事前の情報で、日付が変わった瞬間からの争奪戦になることは予見されていたので、私は家族が寝静まった深夜に家を抜け出して、最寄りのローソンに行く決意をしました。ただその日は高校入試に関わる重要な試験が学校で行われる日でした。

 

大誤算!

物音には細心の注意を払っていたのですが、両親に外出しようとしていたことがばれてしまいました。両親にはこっぴどく叱られ、半泣きで布団に戻りました。両親とは早起きして登校前にコンビニに見に行っても良いと言われましたが、もう絶望ですよ。

これまで秘密にしてきた趣味が発覚しただけでなく、かなり前から計画していた中野梓クリアファイルゲット計画が完全に頓挫してしまいましたから。

絶望の中で起床し、コンビニに行くために身支度を整えていました。正直その朝、あまりの精神的ショックで熱を出していました。試験を受けに行く気力すらも失われていました。

 

  • こんにちは
  • こんばんは
  • けいおん
  • 映画

 

 

ただその日奇跡が起こっていました。何と父親が私のためにコンビニを駆け廻ってクリアファイルを全キャラクター分確保してくれていたんですよ。もう歓喜も歓喜ですよ。

その喜びの勢いそのままに38度超の熱があった中登校して、試験を受けに、無事成績を大幅ダウンさせました(笑)。

この日の出来事は「15の朝」という呼称で我が家に語り継がれています。盗んだバイクではなく、自分の自転車で走り出そうとするも、外出すら許されなかったあの日の出来事は今でも忘れられません。

ただこの日私にとって重要だったのは、父が自分の趣味を理解してくれたことですね。この日の出来事が無かったら、後の映画「けいおん!」前売り券戦争に自分は間違いなく敗れていたことと思います。

-Uncategorized

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした

アーカイブ

カテゴリー